読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J.KITANの日記

記録用です🐑

【LPIC-101】ハードウェアの基本知識と設定を超簡単に図にしてみた。

LPIC101の初っ端も初っ端…

「ハードウェアの基本知識と設定」について図にしてみた。

 

====

f:id:JKITAN:20170323003654j:plain

====

 

実務で、「Linuxがハードウェアをどのように認識しているのか」や、「lspci、lsusbといったコマンド」を意識、使用したことがなかったので、頭の中を整理する意味で今回、図にしてみて、なんとなーく理解できた気がする。(「udev」「D-Bus」といった仕組みは初耳だった・・・)

  

初耳というともう一つ、

「ハードウェア→カーネル検知

→/sysにデバイス情報作成→udev

→/devにデバイスファイル作成」

という流れの中で、/etc/udev/rules.dというファイルが使用されるようで、どうやらこのファイルの設定を編集すると、特定のハードウェアを任意の名前で使用できるらしい。たとえば、USBデバイスをusbdesuyoみたいな感じ?むっちゃ時間があれば試行してみる。

 

 

バイス情報に関しては、

/proc/cpuinfo→CPU情報

/proc/interrupts→IRQ情報

/proc/ioports→IOアドレス情報

/proc/bus/usb/*→USBデバイス情報

/proc/bus/pci/*→PCIバイス情報

が主なものになる。

また、/proc以下のファイルは実体がなく仮想的なファイルシステムである。

カーネルがハードウェア検知後に作成する/sysも仮想的なファイルシステム

 

ちなみに、

IRQ・・・割り込み要求

www.linux-beginner.com

 

●IOアドレス・・・CPU⇔デバイスのやり取り使うポートアドレス

www.linux-beginner.com

 

PCIバイス

www.linux-beginner.com

 

 

 

http://www.linux-beginner.com/

 

を参考にさせて頂きました。

【LPIC-102】試験範囲のコマンドだけを全て洗い出してみた。

 LPIC-1(102)を受験するにあたって、

一先ず試験範囲のコマンドを洗い出してみた。

80程のコマンドがあった。(※各コマンドのオプションは未記載)

 

www.lpi.or.jp

 

▼101については以下。

jkitan.hatenablog.com

 

 

 

【各章】

▼シェル、スクリプト、データ管理

export
env
printenv
set
alias
unalias
function
declare -f
source
exec
test
read

 

ユーザーインターフェースとデスクトップ

xhost
showrgb
xlsclients
xwininfo
xdpyinfo
startx

 

▼システム管理(1)

useradd
usermod
userdel
passwd
groupadd
groupmod
groupdel
id
getent
crontab
anacron
at
atq
atrm
locale
iconv
tzselect
tzconfig

 

▼システム管理(2)

date
hwclock
ntpdate
ntpq
logger
who
w
last
lastlog
journalctl
mail
newaliases
mailq
lpr
lpq
lprm

 

▼ネットワークの基礎

ping
ping6
traceroute
traceroute6
tracepath
tracepath6
hostname
netstat
nc
route
ip
ifconfig
ifup
ifdown
host
dig
lsof
nmap
fuser
chage
su
sudo
visudo
ulimit
ssh
ssh-keygen
scp
ssh-agent
ssh-add
gpg

 

▼試験勉強に使用する書籍↓

 

Linux教科書 LPICレベル1 Version4.0対応

Linux教科書 LPICレベル1 Version4.0対応

 

 

【LPIC-101】試験範囲のコマンドだけを全て洗い出してみた。

 LPIC-1(101)を受験するにあたって、

一先ず試験範囲のコマンドを洗い出してみた。

130程のコマンドがあった。(※各コマンドのオプションは未記載)

 

www.lpi.or.jp

 

【各章】

▼システムアーキテクチャ

lspci
lsusb
lsmod
modprobe
dmesg
shutdown
runlevel
init
telinit
wall
systemctl

 

Linuxのインストールとパッケージ管理


grub-install
grub-mkconfig
ldd
ldconfig
alien
dpkg
apt-get
apt-cache
aptitude
rpm
yum

 

GNUUNIXコマンド

 

export
echo
unset
env
printenv
set
history
man
less
more
whatis
apropos
makewhatis
ls
cp
mv
mkdir
rm
rmdir
touch
file
tee
cat
nl
od
head
tail
cut
join
paste
tr
sort
split
uniq
pr
fmt
expand
unexpand
wc
xargs
grep
egrep
fgrep
sed
vi

 

▼ファイルとプロセスの管理


gzip
bzip2
gunzip
bunzip2
xz
tar
cpio
dd
chmod
umask
chown
chgrp
ln
ps
top
pstree
kill
pgrep
killall
pkill
jobs
nohup
bg
fg
free
uptime
uname
screen
nice
renice

 

▼デバイスLinuxファイルシステム


fdisk
gdisk
parted
mkfs
mke2fs
mkswap
df
du
fsck
e2fsck
tune2fs
dumpe2fs
mkfs.xfs
xfs_info
xfs_db
xfs_check
xfs_admin
xfs_fsr
mount
umount
quota
quotacheck
quotaon
quotaoff
edquota
repquota
find
locate
updatedb
which
whereis
type

 

▼試験勉強に使用する書籍↓

 

Linux教科書 LPICレベル1 Version4.0対応

Linux教科書 LPICレベル1 Version4.0対応