読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J.KITANの日記

記録用です🐑

【LPIC-101】ハードウェアの基本知識と設定を超簡単に図にしてみた。

LPIC101の初っ端も初っ端…

「ハードウェアの基本知識と設定」について図にしてみた。

 

====

f:id:JKITAN:20170323003654j:plain

====

 

実務で、「Linuxがハードウェアをどのように認識しているのか」や、「lspci、lsusbといったコマンド」を意識、使用したことがなかったので、頭の中を整理する意味で今回、図にしてみて、なんとなーく理解できた気がする。(「udev」「D-Bus」といった仕組みは初耳だった・・・)

  

初耳というともう一つ、

「ハードウェア→カーネル検知

→/sysにデバイス情報作成→udev

→/devにデバイスファイル作成」

という流れの中で、/etc/udev/rules.dというファイルが使用されるようで、どうやらこのファイルの設定を編集すると、特定のハードウェアを任意の名前で使用できるらしい。たとえば、USBデバイスをusbdesuyoみたいな感じ?むっちゃ時間があれば試行してみる。

 

 

バイス情報に関しては、

/proc/cpuinfo→CPU情報

/proc/interrupts→IRQ情報

/proc/ioports→IOアドレス情報

/proc/bus/usb/*→USBデバイス情報

/proc/bus/pci/*→PCIバイス情報

が主なものになる。

また、/proc以下のファイルは実体がなく仮想的なファイルシステムである。

カーネルがハードウェア検知後に作成する/sysも仮想的なファイルシステム

 

ちなみに、

IRQ・・・割り込み要求

www.linux-beginner.com

 

●IOアドレス・・・CPU⇔デバイスのやり取り使うポートアドレス

www.linux-beginner.com

 

PCIバイス

www.linux-beginner.com

 

 

 

http://www.linux-beginner.com/

 

を参考にさせて頂きました。